犬のしつけ方法・吠える、噛む、トイレ

犬のしつけ、散歩編

犬のしつけ、散歩編

犬の散歩のしつけは、まず飼主の左側を、飼主の歩く速度に合わせて歩かせることから始まります。
犬を左足の側につけます。
歩き始めたら自分の腰の辺りを左手で軽く叩き、ここへついてくるようにと犬に注目させます。
正しい位置を歩いている時は、ほめてあげます。
前に出すぎたり、離れすぎたりするようであれば、「ダメ」などと声をかけ、リードを引いてショックを与えます。

 

他の犬とケンカする犬は、潜在的な本能が原因の場合があります。
散歩の途中で他の犬と出会いケンカの意思表示をした場合は、「ダメ」と命令し、リードを引いてショックを与えます。

 

子犬の時に人や他の犬に接する機会を与えてあげましょう、ケンカをしない犬に育てるためにも社会性を身につけさせることが必要です。
まず自分の家の環境になれさせます。
そして子犬の間に外に出して、飼い主以外の人間や犬になれさせたり、車などの騒音になれさせましょう。

 

ひも(リード)には、鎖・革製・布製・ナイロン製のものがあります。
散歩には、スナップつきの革製のものがオススメです。
ひもの長さは、端を持って手を上に伸ばし、地面に届く程度がちょうどよい長さになります。
強く引っ張られたり、暴れたりしたときに、はずれないように、ひもの先の輪を手首に通しておきましょう。
人や車が通る所では、ひもを短く持って、犬を自分の近くに置くようにしましょう。

 

ほとんどの犬は散歩がトイレを兼ねています。
便をそのまま放置せず必ず持ち帰りましょう。
犬が排便のしぐさをしたら、おしりの下に新聞紙などを置けば、道を汚さずにすみます。

 

TVチャンピオン2回優勝トレーナーの、犬のしつけ方法

TVチャンピオン「子犬のしつけ選手権」で、2年連続優勝したドッグトレーナー、遠藤和博さんの「犬のしつけ法」。
愛犬のしつけは、誰でもカンタンにでき、遅すぎることはありません。
そう言い放つ遠藤さんは、わずか2秒でわんちゃんが大人しくおりこうになる、ある秘密のしつけ方法があると言うのです。
二千頭以上のワンちゃんを特訓・訓練してきた実績。
10,000人以上の人が実践した「愛犬のしつけマニュアル」。
アナタもためしてみませんか?

 

どんな犬もお利口に!

遅すぎることのない、犬のしつけ方

犬,しつけ,しつけ方,しつけ方法,吠える,噛む,トイレ

↑TVチャンピオン2回優勝者の、犬のしつけ↑


ホーム RSS購読 サイトマップ