立川市 個人再生 弁護士 司法書士

借金返済の悩み相談を立川市に住んでいる方がするならココ!

お金や借金の悩み

債務の悩み、借金の問題。
お金の悩みは、自分ひとりでは解決するのが難しい、大きな問題です。
ですが、司法書士や弁護士などに相談しようにも、ちょっと不安になったりするものです。
ここでは立川市で債務・借金のことを相談するのに、おすすめの法律事務所や法務事務所を厳選して紹介しています。
ネットを使って相談が可能なので、初めての相談でも安心です。
また、立川市の法務事務所・法律事務所もピックアップしているので、それらも参考にしてください。

個人再生や借金の相談を立川市在住の方がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

立川市の借金返済・多重債務の悩み相談なら、コチラがおすすめです。
弁護士が対応してくれて、全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円だから、今の手持ちがなくても安心して相談できます。
弁護士費用の支払いは、分割払いの対応も可能。
相談料はもちろん無料!
借金の取り立てをストップするのも可能です。
過払い金、自己破産、個人再生、任意整理、など、債務の悩みについて相談できます。。
しかも、無料相談窓口では24時間365日、いつでも受け付け可能です。
フリーダイヤル(通話料金0円)で相談受付してくれるので、お金に悩んでいる人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩みは今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性におすすめ)
全国対応の、債務・借金の問題を相談できる法務事務所です。
任意整理、自己破産、個人再生など、あなたに合った方法で借金問題を解決していきます。
それと、過払い請求は初期費用0円、取り戻せた過払い金から精算できます。
任意整理についても、減額報酬や和解成功報酬などは一切取らないため、安く解決できます。
債権者の数が1〜2件でも対応してくれるのも助かります。
女性スタッフが対応する女性専用の相談窓口も用意されているので、女性でも安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談をどうぞ。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はこちら↑↑
女性スタッフが丁寧に対応してくれる、女性専用の相談窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



借金解決ゼミナール(借金減額シミュレーター)

借金解決ゼミナール

立川市在住の方が借金や債務整理の相談をするならまず、このサービスもオススメです。
「借金減額シミュレーター」という、インターネットでできる借金解決のための診断ツール。
とても簡単な3つの質問に答えるだけで、借金をどうやって減らすかの方法や、毎月の返済額がいくらになるのかが分かります。
いきなり司法書士や弁護士へ直接相談するのは、少し不安。
そんな人にピッタリです。
しかも、無料&匿名で利用できます☆
全国対応しているサービスなので、立川市在住の人も安心して利用・相談できます。

◆特徴◆
  • たった3つの質問に答えるだけ!
  • どうやって借金を減らすか分かる!
  • 月の返済額がいくらになるのかが分かる!
  • 無料&匿名で利用できる!
  • 全国に対応!
債務・借金の悩み、匿名で診断・相談してみませんか?

借金減額シミュレーター
借金減額シミュレーター

↑↑↑↑↑
匿名&無料で、借金の相談・診断を。



弁護士へ相談前の注意



他の立川市周辺にある法務事務所や法律事務所を紹介

立川市には他にもいくつかの法務事務所や法律事務所があります。参考にしてみてください。


●南立川法律事務所
東京都立川市 緑町7-2 サンクタス立川T1
042-525-1101
http://minamitachikawa.com

●フラクタル法律事務所
東京都立川市曙町2丁目37-7 コアシティ立川10階
042-513-6680
http://fractal-law.com

●ひめしゃら法律事務所
東京都立川市緑町7-1
042-548-8675
http://himesyara.com

●あけぼの綜合法律事務所
東京都立川市曙町1丁目25-12 オリンピック曙町ビル7階
042-512-9737
http://akebono-sogo.jp

●弁護士法人泉総合法律事務所 立川支店
東京都立川市柴崎町2丁目1-9 中島ビル3階
042-528-2655
http://springs-law-tokyo01.com

●岡田幸司税理士事務所
東京都立川市高松町2丁目38-6
042-524-0658
http://taxaccountant.ashisuto-co.jp

●東京三弁護士会多摩支部
東京都立川市緑町7-1 アーバス立川高松駅前ビル 2F
042-548-3800
http://tama-b.com

●財団法人日弁連交通事故相談センター 東京支部 立川相談所
東京都立川市曙町2丁目37-7 コアシティ立川12階
042-548-7790
http://tokyosibu.jp

●久江孝二法律事務所
東京都立川市柴崎町2丁目12-6
042-522-0681

●立川北法律事務所
東京都立川市 2丁目32-3 立川三和ビル 4F 402号
042-548-7230
http://tachikawakita.jp

立川市にある地元の法務事務所や法律事務所に行き、直接相談するのもアリだと思います。
ただ、いきなり直接相談するより、ネットからの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気軽に相談できるのではないでしょうか。

立川市在住で借金問題に困っている状態

様々な金融業者や人からお金を借りてしまった状態を、多重債務と呼びます。
あっちでもこっちでもお金を借りて、借金の金額も返済先も増えてしまった状況です。
キャッシング業者で限度額まで借りてしまったから、別のキャッシング業者で借金。
クレジットカードのリボ払いやキャッシングをして、クレジットカードを複数持ったり。
多重債務の状態までなってしまった人は、たいていはもはや借金返済が難しい状態になってしまっています。
もはや、どうひっくり返ってもお金を返済できない、という状況です。
ついでに金利も高い。
どうにもならない、もうダメだ、と思ったら、法律事務所や法務事務所に相談するのが最良です。
司法書士や弁護士に相談し、自分の状況を説明し、解決するための方法を提示してもらいましょう。
お金の問題は、弁護士・司法書士知恵・知識を頼るのが得策でしょう。

立川市/債務整理を依頼するのは弁護士がいいの?|個人再生

債務整理とは、借金の返済が苦しくなった時に借金をまとめる事で問題の解決を図る法的な方法なのです。債務整理には、任意整理・自己破産・民事再生・過払い金の四つの進め方があります。
任意整理は、裁判所を通さないで債権者・債務者が直接交渉し、利息や毎月の返済金を抑える手法です。これは、利息制限法、出資法の2つの法律の上限利息が違っている事から、大幅に縮減することが出来るのです。交渉は、個人でも行えますが、普通は弁護士に頼みます。経験豊かな弁護士の先生ならお願いしたその時点で面倒は解消すると言っても言い過ぎではないでしょう。
民事再生は、今の情況を裁判所に認めてもらい、住宅ローン以外の借金を大幅に減額してもらうシステムです。この場合も弁護士の先生にお願いすれば申したてまで行う事ができるから、債務者の負担は軽減されるのです。
自己破産は、任意整理又は民事再生でも支払できない巨額な借金がある時に、地方裁判所に申したてて借金をゼロとしてもらう制度です。この時も弁護士さんに相談すれば、手続きも順調に進むので間違いがありません。
過払金は、本来ならば返済する必要がないのに貸金業者に払い過ぎたお金のことで、弁護士、司法書士に依頼するのが普通です。
このようにして、債務整理は自身に適合した方法を選択すれば、借金のことばかり気にする毎日を回避できて、人生の再出発をする事ができます。弁護士事務所によって、債務整理や借金に関連する無料相談を実施してる場合もありますから、まずは、問い合わせてみたらどうでしょうか。

立川市|自己破産ならではのメリットとデメリットとは?/個人再生

誰でも気軽にキャッシングが出来る影響で、高額の借金を抱え込み悩みこんでいる人も増えてます。
返済の為にほかの消費者金融からキャッシングをするようになり、抱え込んでいる借金のトータルした額を認識出来てすらいないと言う人もいるのが事実なのです。
借金によって人生をくるわされないように、自己破産制度を利用し、抱え込んでる債務を一回リセットするということもひとつの進め方としては有効なのです。
ですが、それにはデメリット、メリットが生じます。
その後の影響を予測し、慎重に実施する事が大事です。
まず良い点ですが、なによりも負債が全部無くなるということなのです。
借金返済に追われることが無くなることにより、精神的な心痛から解放されます。
そして不利な点は、自己破産をしたことにより、債務の存在が周りの方に知れわたってしまい、社会的な信用を失うこともあるという事です。
また、新規のキャッシングが不可能な情況となりますから、計画的に生活をしていかなくてはいけないのです。
浪費したり、金のつかい方が荒い方は、なかなか生活レベルを下げる事が出来ないという事も有るでしょう。
しかし、己にブレーキをかけ日常生活をしていく必要があるのです。
このように、自己破産にはメリット、デメリットがあるのです。
どちらが最善の手かしっかり考えて自己破産申請を実行する様にしましょう。